WJS Magazine › MANNERS › 5 mistakes foreigners made in Japan

2016年07月22日

5 mistakes foreigners made in Japan

by Oda 736

WJS Magazineをシェアしよう!


ref:diamondsoccer12


What comes to your mind when you think of Japan, a country that has different culture and manners? 

At your first time to visit Japan, you might have some bad experiences that are kind of embarrassing because you don’t know much about Japanese cultures, customs and manners.  

 

Do you have any friends who have been to Japan, or someone you can ask about Japan? Don’t worry if you don’t. Here are some stories of mistakes that other foreigners experienced in Japan, and we hope this will help you get to know Japan. 

 

日本を訪れるとなったら、何を考えますか?文化やマナーが違う異国・・・


きっと「やってしまった!!」と後悔することも出てくるはず。そんな失敗をする前に、ぜひともいくつかの体験談を聞きておきたいものです。


周りに日本を訪問した人がいないからどうしよう・・・

そんな声にお応えして、外国の方が日本に訪れたときに多いといわれる「やってしまった談」をお送りします。

ぜひぜひ参考にしてください。


ref:www.hiraganatimes.com


1. Say “Sumimasen” before Speaking to Strangers


In Mollie’s case: “I asked a Japanese stranger for directions, but he said ‘Sumimasen’ and ran away. I just asked if he speaks English, I didn’t say anything strange…. did I?” 


There is something you might have to do when you come to Japan. 

 

It’s asking people for information. 

 

In particular, you might have to ask people on the street or station staff if you need help with directions. Don’t ask them suddenly, you’d better say “Sumimasen” (meaning “Excuse me”) before speaking to them.  

 

It is said that most of Japanese are scared if they are suddenly talked to by a foreigner in English, and they say “sorry” and try to run away. People like station staff may not run away, but try to say “Sumimasen” when you speak to strangers in Japan. Then you can start to ask if they speak English or about what you want to know. If they can’t speak English, they may find someone who can speak English or can help you.  

 

It’s normal even among Japanese. When they want to make a request, they use “Sumimasen” as conversation starter, and it also expresses their feeling of respect.


急にはダメ?魔法の言葉「すみません」


モーリーの失敗談 「道を聞きたくて周りに歩いていた日本人に尋ねたの。でも、「すみません」っていわれて逃げられちゃったわ。まだ何も要件は話してなかったのに。英語話せるか聞いただけよ?何がいけなかったのかしら・・・」


日本に来て必ずと言っていいほど、することになるであろう行為があります。


それは、「誰かに尋ねること」です。


特に道がわからず目的地までの行き方を聞きたいときは、恐らく道の人や駅の係員さんなどに尋ねることになるはず。

そんなとき、いきなり「Do you speak English?」と聞くのではなく、まずは「すみません=Excuse me?」の言葉からはじめましょう。

特に日本人は、外国のから急に「Do you speak English?」と声をかけられると、驚いてしまって、「ごめんなさい」などと言いながらその場から立ち去ってしまうことが多いようです。


駅員さんのような係の方は立ち去るようなことはないと思いますが、一般の方はそのようなことがあるので、まずは「すみません」から始めましょう。

その後、相手に英語が話せるかどうか聞いてみたり、要件を伝えてみたりしましょう。

もし、その相手が英語を話せなくても、英語を話せる人や近くで助けてくれそうな人を探してくれる可能性も。


これは日本人同士でもよくされていることで、何かを聞きたい場合は、相手を気遣う意味も含めて「すみません」から始めます。


ref:blog.livedoor.jp


2. Stand in Line


In Bob’s case: “I got on an escalator in Japan. I was excited because I wanted to know there is any difference between Japanese escalator and my country’s. But when I got on the escalator, I realized that everyone stood on one side of the escalator. Although the other line was empty, nobody stood on the side and even lined up in front of the escalator to get on the line that everyone standing. Because I didn’t want to wait in line, I got on the empty side. Even though I stood on the side, no one came to get on my side. I was standing alone on the empty side. The escalator was longer than usual. It was so confusing! ” 


In japan, you can find that people standing in line at many places such as a station and an escalator. It may surprise you that people line up in two respectfully. It is said to be uncommon in other countries. So many foreigners said that they felt confused because they didn’t know how to line up at their first time to come to Japan. 

 

 Japanese people usually line up in the situation of “waiting”. For example, waiting for the train and waiting in line to pay at the cash register. In the case of an escalator, they only get on one side and leave one side open. It’s kind of rule especially in urban area in Japan.  

 

If you don’t know appropriate way to line up, look around and you may be able to find some signs like “Please line up in two”, and that will show you what you should do. 


恥ずかしい思いにさよなら!整列のあれこれ


ボブの体験談 「電車から降りて出口に向かうとき、エスカレーターを使ったんだよね。日本のエスカレーターは僕の国のものと何か違うところがあるのかっていうことも試したかったからね。エスカレーターに乗るとき、なぜかエスカレーターの片方が空いていた。まだ乗れるスペースはあるのに、他の人は、下で自分の番が来るまで並んで時間もかかりそうだった。はやくエスカレーターに乗りたくて片方スペースの空いていたところに乗ってみた。でも、僕が乗っても誰も後ろに乗ってくる人がいなくて・・・。周りから見たら、僕はぽつんと乗っている感じになってたはずだよ。しかも、僕が乗ったそのエスカレーターは普通のより長くて。どうしよう??ってなっちゃった!」


地下鉄・電車のホームの乗車口前。エスカレーターなど。

きれいに2列になって整列している光景を目にすると思います。多くの外国の方は、このような光景を見て驚くとか。


外国の駅のホームでは、このように整列をしている姿はあまり見かけないという声もあります。

そのため、初めて外国から日本に訪れた方は、どのような整列をどのタイミングでしたらいいのかわからずに戸惑ってしまうことが多いようです。


整列は、電車のホームで電車を待つときやエスカレーター、海外でも同じかと思いますが買い物のレジを待つときなど、「待つとき」や「(人が多いため)順番に何かを行うとき」のような場合によくされます。

また、エスカレーターの場合は、片方を開けて乗ります。人口の多い都市などではよくみかける乗り方です。

タイミングや要領がわからないときは、一度周りを見渡してください。また、足元に「2列に並ぶ」などのような表示もされているので、見てみてくださいね。


ref:exploringuruguay.com

3. You Don’t Need to Tip


In James’ case: “It was 7 years ago. That was my first time to visit Japan, and I went to a cafe that was popular at that time for lunch. It was so good! I was really impressed! I left a big tip on the table because of not only delicious meal, but also their good service that made me happy. When I left the cafe after I paid my check, a staff ran after me! You know what she said? She said ‘Excuse me! You've forgotten your money!’ and handed me the tip I left. I was surprised. They were so polite, and I found there is no tipping in Japan. I realized that I was really in Japan at that moment. I miss that.” 

 

In Japan, there's no custom of tipping, so you don’t need to tip. 

 

As you can see from James’ story, Japanese people might give the tip back even if you leave the tip on the table to express gratitude for delicious meal. 


チップは不要!色々な場所で渡すチップのこと


ジェームズの体験談 「7年前のことさ。初めて日本に旅行に行ったときに人気だっていうカフェにランチを食べにいった。美味しかった!ものすごく最高だったよ!もう言葉で表せないくらいね!僕は感動しすぎてチップを奮発した。美味しいだけではなくて、接客もよくてものすごくハッピーな気持ちにもなったからね。支払いを済ませて店を出て行ったら、そのカフェのスタッフがなぜか猛スピードで走って僕を追いかけてきた!それはもうビックリしたよ。そしたら何だったと思う?「お客様、お忘れ物です」って言って、置いてきたチップを手渡されたんだ。あれには、色々な意味で驚いたよ。お客に対して最後まで丁寧なところとかチップの制度がないこととか。日本の文化を実感できた体験だった。懐かしいよ、とっても。」


日本ではチップという習慣などがないので、チップは不要なんです。

この体験談のように、料理の味に満足したお礼として置いてもらったチップの気持ちはとてもありがたいものでもありますが。

日本で、チップを置いて出てきても、お店によってチップを返しに来ることも多くあるようなので、念頭に入れておきましょう。


ref:aibiki.exblog.jp


4. Don’t Talk Loudly on the Train


In Merrily’s case: “That was me and my friend’s first Japan visit. We were so excited when we got on the Japanese train, and we talked about the scenery outside the window, the electric bulletin board, everything I saw there in a loud voice! After a while, I felt icy stares… it might have been my imagination but I thought we were little bit noisy. Actually, now I remember that my grandfather advised me not to talk loudly on the train before I come to Japan.” 


It is said that people should talk in a whisper on the train in Japan. Certainly, Japanese people don’t talk loudly on the train.  

 

Some foreigners said that everyone was quiet like they asleep. There are people falling asleep, or reading a book on the train, and it shows how they care about others. 

 

 Train may be the place you can feel Japanese hospitality.


電車で話すなら声の大きさには気を付けて!


メリリィの体験談 「友達と一緒に初の日本旅行よ!!はじめて二人で電車に乗ったときは興奮して大きな声で色々話したわ♪外の景色や車内の掲示・・・。とっても新鮮だったの!でも、しばらくして周りからの冷たい視線を少しだけ感じたのよね。なんとなくだったから気のせいってこともありえるかもしれないけど・・・。ちょっと大きな声で話しすぎちゃったかしら。そういえば、日本に行く前、パパに電車内での声の音量は気を付けた方がいいって言われていたのをすっかり忘れていたわ☆」


「日本の電車の中は、大声で話す場所ではなくひそひそ話すべき場所だ」と語る外国の方がいるとか。

日本の電車の中では、話すとしても、たしかに小声の人が多いです。

大げさな表現かもしれませんが、日本の電車に乗った外国の方は「寝静まったように静かな車内」と感想を言う方もいるという声も。

車内では、居眠りをする人や本を読む人もいるため、周りの人への気遣いが特に表れて、日本の車内は静かなものになったのかもしれませんね。日本独特のおもてなし文化も感じられる場所かもしれません。


ref:wikipedia


5. Be Naked to Enjoy Onsen


In Patty’s case: “I went to Onsen (hot spring bath) when I visited Japan. Of course, I brought s swimsuit because I always wear a swimsuit in Onsen in my country. But I was the only one wearing a swimsuit. That was so embarrassing! When I backed to the dressing room, I found a notice, which says ‘Please don’t wear a swimsuit in Onsen’. I don’t know why I didn’t notice such a striking color paper before entering Onsen. Silly me! I should have been more careful. But I thought that was kind of good experience. I have to call my mother when I go back to the hotel. I will never do it again.” 


In Japan, you must be naked when you enter Onsen even though you always wear a swimsuit in your country. 

 

If you wear a swimsuit in Onsen, it could influence the water quality, or even bother others. So it is forbidden to avoid these troubles. 

 

You may have seen that TV reporters using towels when they soak in Onsen, but they got permissions from the Onsen facilities. 

 

If you don’t want be naked in front of people, you can ask the stuff of Onsen facility before you go there. Some of them might allow you to wear a swimsuit. 

 

I hope you’ll enjoy Onsen in Japan. 

 

How was 5 mistakes foreigners made in Japan? 

  

There are many differences between Japan and your own country, and it might cause some troubles. But you don’t need to worry if you make a mistake in Japan. It means that you can exactly experience other country’s culture, and also you can tell your friends who want to come to Japan someday. 

 

Have lots experience in Japan, even kind of mistake might be good to your life. And Ask station staff, hotel staff and police officer if you have any trouble in Japan. They will help you! 

 

Enjoy your stay in Japan! 


そうなの?!温泉では水着の着用はNGだった!


パティーの体験談 「本場の温泉を楽しみたくて、日本の温泉に入れるところに行ったの。もちろん水着を持ってね。だって私の国で温泉に入るときは水着を着るから。でも、日本の大浴場に行くと水着を着ているのは私だけだったわ。私以外にも日本人でないお客さんはいたけど、水着を着ていたのは私一人だけ・・・。恥ずかしかったわ!恥ずかしくなってきて急いで更衣室に戻ったときに初めて気づいたんだけど、張り紙があったの。そこにはこう書いていたわ。『水着の着用はお控えください』って。わかりやすいカラーの紙だったのになぜ気が付かなかったのかしら・・・私ったら!もう少しよく周りを見ておけばよかった。でも、それもいい経験よね。ホテルに帰ったらママに電話しなきゃ!次は絶対こんな失敗はしないんだから♪」


外国の温泉では、水着を着用して入浴する場合が多いかもしれません。でも、日本の温泉や銭湯では、水着は着ません。

もし、水着やタオルを着用して湯船につかれば、温泉そのものや水質などに影響を与えたり、湯船に繊維が浮かぶことで他のお客さんの迷惑になったりすることがあるからです。水着やタオルのようなものを着用しない入浴は、そのようなことを防ぐためでもあるようです。


よくテレビ番組で温泉に入るときはタオルを着用していますが、それはその施設の方へきちんと許可を得ているからできることなんです。

温泉に入るときは係の方などに一度確認してみてください。もしかすると、場合によっては水着など着用できることもあるかもしれません。

ぜひ、温泉を色々な角度から堪能してくださいね。


もしもの時は・・・


いかがでしたか?

少しご自分の国とは違うところもあると思います。もし、失敗してしまったということがあっても大丈夫です。

それは日本を体感できた印にもなりますし、次に日本に来る友人などに伝えることができます。

ぜひ、たくさん「やってしまった」ということや「セーフ!よかった〜!!」ということをたくさん見つけていってください。


もしも、困ったことがあっても、駅員の人や交番の警察官、ホテルのスタッフなどに尋ねてみてください。きっと一緒に解決してくれるはずです。


色々な日本を色々な側面からお楽しみあれ☆


関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ