WJS Magazine › MANNERS › Shouldn’t I use ‘Zabuton’ as ‘Cushion’? Now time to know how to use it

2016年07月12日

Shouldn’t I use ‘Zabuton’ as ‘Cushion’? Now time to know how to use it

by Oda 843

WJS Magazineをシェアしよう!


ref:shironko


How do you usually use zabuton? Even though the shape of the zabuton looks like cushion, but they have a meaning as ‘Wa’ (It means Japanaese culture). So you should know how to use zabuton this time.


Have you ever sat on zabuton without hesitation when you are invited to Japanese dinner or restaurant? If your answer is ‘yes’, you need to learn some manners.


If you often use zabuton, you know the manners probably or you have broken the manners. You should keep the manner especially when you are in an important situation. But don’t worry! We will tell you how to use zabuton and you won’t make a mistake!


普段、座布団はどのように使っていますか?

座布団といえば、「和」を表すもの。

同じような形をしているクッションもありますが、使い方は違うようです。


和食の席で座布団が敷かれていると、自然にその上にスッと座っていませんか?

実はこれはマナー違反といわれている行為だったんです!


座布団にもマナーがあります。


普段から利用しているならまだしも、なかなか使う機会に出会わなければ、慣れないだけに気づかないところでマナー違反をしてしまっているかもしれません。

重要なシーンであれば、なおさらマナーは大切です。

何があってもマナーに反することのないように、今回は、座布団の扱い方もしっかり覚えておきましょう!



Waiting for right time is one of Japanese rules


Have you ever sat on a zabuton immediately when you are invited by your host to ‘washitsu’ (It means typical Japanese room)? Probably you think the zabuton was put for you.


However it’s wrong way that you sit on zabuton without permission. You have to wait to sit on zabuton if you are guided first. You should wait standing or ‘seiza’ (Japanaese sitting style) with put your toe on ‘tatami’ (Japanese carpet).


Then you greet a host, make a bow if you get a permission, then you can sit on zabuton.


待つこともマナー?座布団に座る前の待ち方とは


和室の場合、家主や訪問先の相手などから部屋へ先に案内される場合があります。

そんな時、座布団が敷かれていると、自分の座るべき場所だと思ってすぐその上に座ってしまった経験はありませんか?


上でもあったように、勝手に座布団に座ることはマナー違反となります。

先に案内されても、座布団へは座らず待ちましょう。

待つときは、立ったまま待つか、畳につま先を立てた正座をして待っておくのがよいとされているようです。

丁度この写真の足と同じ様子で座る正座です

その後、相手にあいさつをして、座布団をすすめられたら礼をし、その上に座りましょう。


ref:seisinjuku


ref:jalan.net


Let’s sit on fluffy zabuton! When you sit on zabuton


Now you can sit on zabuton finally! But there are some rules more. 1. Never step on zabuton  2. Don’t move their position Let’s sit on zabuton carefully.


It’s easy to sit on them. Try these 3 step!


Step1

Make a ‘seiza’(Japanese sitting style. Bend your knees) first

Step2

Lend your hands with both of sides zabuton

Step3

It’s the most important point!

Still keep seiza style and support the both hands, then glide on the zabuton without moving them.


いよいよふかふか座布団へ!座り方のマナー


座布団を進められたらいよいよ座布団の上へ・・・

この時にもマナーがあるようです。座布団の上に移動する方法をお伝えします。


ここでのポイントは、「座布団を踏まないこと」と「位置を動かさないこと」です。


このポイントに注意して座布団の上に座りましょう。


座り方は、簡単です。次の3ステップを試してみてください。


ステップ1

まず、座布団後ろに正座します。

ステップ2

次にの両端を両手で支えてください。

ステップ3

そしてここが重要です!

最後に、正座をしたままその姿勢からステップ2の両手を支えにし、座布団を動かさないよう注意しながらすべり乗るようなイメージで座布団の上へ乗り上がりましょう。


ref:bridal-inoue.com


That’s all zabuton’s manners.

You will understand it with bit of practice. (some of zabuton are thick and fluffy) If you have opportunity to go for Japanaese dinner with your friends, you can try these manners!


You sometimes give other person your zabuton after you used it. Forexample, there are lack of zabuton for all guests or after you used it.


When you give other guests your zabuton, you want them to use the other side. However, it’s impolite that you give them your zabuton with opposite side.


You should give them your zabuton after you sweep out dust. This action can be meant that you can use it correctly and you are considerate person.


How was the manners? You don’t need to be punctually like that. Please try to sit on zabuton consciously next time.

Every things and actions have meaning. I hope you will feel their meaning and enjoy Japanese manners!


これが一連の流れになります。

ふわふわしている座布団ほど厚みがあるので難しいかもしれませんが、少し練習をするだけでも変わるはずです。近々友人と和食の約束があるなど、座布団をお持ちの場合は、約束前にぜひ試してみてください。


座布団を人に譲るときのマナー


自分が座った後、その座布団を他の人へ譲る場合もあります。

例えば、座布団の枚数が足りなかい場合や自分が座布団を使い終わって、座布団を使っていない人へ譲るときです。


座布団を譲るとき、相手に自分が使っていないきれいな面を使っていただきたいものです。

しかしこの場合、裏返して自分が使わなかった座布団の裏面を相手に差し出す行為は失礼にあたります。


そこで、相手に座布団を譲るときは、自分が座った座布団の表面をサッとなでてから譲るようにしましょう。

この動作によって「自分が座ったところをキレイにする」という意味も相手に伝えることができるので、相手のことを思いやる気持ちも表せます。


ひとつひとつの動作に意味がある


いかがでしたか?

座布団に座るときはぜひ少し意識してみてください。


気軽な場所や相手との仲によっては、ここまで神経質になる必要はないかもしれませんが、なかなか触れる機会がやってこないかもしれないので、座布団に座る機会があれば試してみてはいかが?


ひとつひとつのものやそれに対する動作にはそれぞれ意味があります。

ぜひその意味合いも感じ取りながら、マナーを体験してみてください。


関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ