WJS Magazine › TRIVIA › Japanese secondhand bus work around the world.

2016年08月06日

Japanese secondhand bus work around the world.

by WjsMagazine編集者 932

WJS Magazineをシェアしよう!



A bus that became too old for work is sold to overseas sometimes. 

It’s still Japanese painted on the surface and surprised people. 
Because destination is still Japanese area.

If you find a old bus which is painted some foreign language and ask people what does it mean but they’re saying, ”I don’t know” it might be Japanese. 
We would like to introduce the secondhand bus to you. 

異国の表記で古めかしいバスに変わった言葉が書かれ、現地人に何て書いてあるの?って聞いてもわからないと言われたらそれは日本語かもしれませんね。
そんな第二の人生を歩んでいるバスを紹介致します。

街中を走る路線バスや、送迎バス。老朽化で引退を迎えた車両は海外に払い下げられる事があります。
しかも塗装や表記が日本語そのままで塗り替えられていない事が多く、異国に来たのに日本表記であるはずもしない行き先が書かれており驚くことがあります。


It was「Meitetsu-bus」… 

Burma in Myanmar.
Red line and painted「Meitetsu-bus」the lower right.
This is a bus which is used by Nagoya-tetsudo in Japan. 
Red is common color at Meitetsu-group, it’s commonly known as Gifu-nuri. 
So if you have been to Nagoya maybe you saw it. 

過去は「名鉄バス」だった・・

ミャンマーのビルマ
赤いラインと右下に「名鉄バス」の表記
これは日本の名古屋鉄道が使用していたバスですね。
名鉄グループ共通色、通称岐阜塗り(名古屋なのになぜか名古屋より北方に存在する岐阜県なのかは不明)なので、
名古屋へ訪日された事がある方は見覚えがあるかもしれません。


It was「Izu-Hakone-tetsudo bus」… 

Aung Mingalar highway bus center in Yangon. 
「Izu-Hakone-tetsudo」painted the lower left. 
This is a bus which is used by Izu-Hakone-bus, the three color called 「Lions color」is maek. 
 Lions color means symbol color of pro-baseball team Seibu-Lions in Japan. 
You can see it at Odawara in Kanagawa, Mishima-shi and Numazu-shi in Shizuoka in Japan.  

過去は「伊豆箱根鉄道」のバスだった・・

ヤンゴンのアウンミンガラーバスセンター
左下に「伊豆箱根鉄道」の表記が。
こちらは伊豆箱根バスが使用していたバスで、「ライオンズカラー」と言われる三色のラインが目印ですね。
ライオンズカラーとはプロ野球・埼玉西武ライオンズにおけるテーマカラーの事。
日本では神奈川県小田原市、静岡県三島市、沼津市を中心に路線バスで見かける事ができます。



It was Oekaki-bus in Nagoya. 

This bus working at Yangon too. 
Oekaki-bus is drawn by children at car body. 

Oekaki-bus is an event that children draw to car body in all the places of Japan. 
This bus was used by Transportation Bureau City of Nagoya. 
This event is hold in Atsuta-shi in Nagoya every year. 
It’s surprised children if they see that bus in foreign country. 

Children draw to bus. 

The bus which is not broken, still used by other country has many memory. 
Check it out. You might be fun.

名古屋市バスのお絵かきバス発見

こちらもヤンゴンにて利用されていました。
子どもたちが書いた絵がそのまま車体に貼り付けられているこのバスはお絵かきバスというバスです。

お絵かきバスとは日本各地でバスの車体に子どもたちがお絵かきできるというイベントで、この写真は名古屋市交通局の市バスでした。名古屋市熱田区では毎年お絵かきバスのイベントを開催しているようです。
日本の子供たちが異国でこのバスを見たらきっと驚くでしょうね。

日本でお絵かきバスに絵を書いている子供たち

破壊されずに異国でも使われるエコなバスにはいろいろな思い出が詰まっているんですね。
調べてみると意外と面白いかもしれません。


関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ