WJS Magazine › TRIVIA › If you would like to write message wholeheartedly…How about using a calligraphy-brush-style felt pen

2016年07月25日

If you would like to write message wholeheartedly…How about using a calligraphy-brush-style felt pen

by Oda 726

WJS Magazineをシェアしよう!


ref:kuretake.co.jp


Would you like to send a message for your precious people?

What do you write with?


We’re going to introduce how to use a calligraphy-brush-style felt pen. Probably it’s difficult to you at first. But if you write Japanese letter well with the pen, everyone will be surprised! 


大切なメッセージを残したい、伝えたい・・・

ちょっと大人の雰囲気を出したいとき。

大切な方に大切な文書を贈りたいとき。


何を使って書きますか?

手軽に大人の雰囲気を演出しながらも「日本」の味を出した字で表現できる「筆ペン」今回は、ペンとは少し違って使い慣れない筆ペンのことです。習字のような文字を書きたいけど、準備が面倒・習字用具を持っていない・・・


そんな方にはぜひ使っていただきたい「筆ペン」です!


美しい文字を書きやすい筆ペンの使い方をご紹介☆


How to use this?


What do you need when you use the pen? Gripping? Tipsy about writing a letter? You need to learn good posture first actually. Then you learn using the pen. Let’s practice! 


筆ペン使いへの道☆


「筆ペンを使う」というと、ペンの持ち方や字を書くときのコツから入ってしまいそうですが、実は、「書く姿勢」がとっても大事なんです!そして、体の姿勢が整ってからペン先に集中していきます。

文字は生きているもの。

かんたんな「整えること」からはじめ、体全体で表現していきましょう!

【1  Learn to be good posture】


It’s important to be relax. That’s a good idea that taking a deep breath or listening your favorite music. 


1☆ペン先よりも体の形を大事にする!】


まずは、リラックスしてください。肝心なのは、ボールペンでも筆ペンでも、使う本人がリラックスしてから書くことです。

文字を書くことへより集中できるように、深呼吸をしたり自分が落ち着ける音楽をかけてみたり

自分にあった方法でリラックスして「ゆっくりと丁寧に」文字が書けるような状態になってから執筆に向かうといい文字が書けると言われています。


ref:www.njg.co.jp


【2  Write letters with right posture】 


Next step is being right posture. You won’t be able to write letter correctly if you don’t learn a good posture. 


Even though you write with THE pen wholeheartedly! When you write something, make sure to keep away from paper. You should put your legs on a floor, and take space between you and a desk. Pay attention especially when you stand up. 


Don’t bend your back. If you need height, you should bend your knees. 


【2☆姿勢を正して正しい文字を】


次に大切になってくるのが「姿勢」です。いくら書く準備が整っていても、悪い姿勢では文字全体のバランスやそれを判断する角度、文字の方向などがズレてしまいます。


出来上がたころには、曲がった文章ができているかも・・・


っかく筆ペンを使っていいるのに。せっかく特別な気持ちを込めているのに。

背中を伸ばして、まっすぐ!

座って書くときは、目の位置は紙から30センチほど離してくださいね。足は床につけ、机とお腹の間は握りこぶしがひとつ入るくらいの隙間を開けて座りましょう。


また、立った状態で書く場合は特に気を付けてくださいね。


背中を丸めないように気を付けて。


もし高さが合わなければ膝をかがめて自分が文字を書きやすい位置に合わせて書きましょう。



ref:manual-jpn.com


【3  How to grip?】


We recommend to grip the pen as chopsticks. Try to use thumb, finger, and middle finger. Grip the chopsticks as this picture below, and pull out lower chopstick. That’s the right way. 


3☆いよいよ筆ペンの持ち方で決まる美しさ】


おすすめの持ち方は、箸と同じような持ち方です。基本的に親指・人差し指・中指を使って持ちます。下の絵のようにお箸を持ち、その後に下の箸をぬくとペンの持ち方になります。


ref:yamakyu-urushi.sakura.ne.jp


You only grip the pen as chopsticks. Like this ↓ 


(More tipsy)

・3cm from the edge is grip point 

・Grip the pen 60〜80 degrees toward paper. Pinky finger always touches a paper with ring finger that is for supporting.  


・Don’t lie the edge of brush toward paper. The more you raise the pen, the more you can write thin line. 


上の箸を筆ペンに持ち変えるだけで正しいペンの持ち方になります。

このような感じです↓


(より書きやすくするポイント)

・筆ペンを持つ人差し指を筆先から3cmほどのところを持つ。

・小指は紙につけて、薬指で支えるように。紙に対して60〜80度くらいの角度でもつ。人によって書きやすいと思う角度が変わってくるので、自分のココだ!という角度で♪

・紙に対して、筆先を横にしないように持つ。紙に対して筆を立てれば、立てるほど細い線を書けます。


はじめから全てをきちんとするのは難しいと思うので、試しながら少しずつ慣れていきましょう。


ref:www.shigotoba.net


【4  Write like a model】


It’s important to practice before you write letters. We recommend to copy model letter that are in software like ‘word’ in your laptop. Let’s find font that you like! 


4☆お手本を手に入れて理想の字を書く】


本番の前に何度か練習をすることが大事です。練習はお手本を見ながら。

でも、普通、書きたいもののお手本はすぐ手元にはありませんよね。そんな時こそパソコンのワードのようなソフトのフォント機能を使ってみてください。

パソコンやスマートフォンのアプリでなどを使って、書きたい文字のフォントを変えることで、理想とする美しい文字のお手本を手に入れることができます。

ぜひお手本を手に入れて練習をしてみてください。


【5  Time to write your message!】 


You can write anything with the pen from now on! Make sure being s good posture and right grip. Your hearty words will be sent to your precious people. 


Don’t think so difficult 


Writing thick line and thin line are needed the way of the pen, but it’s not difficult actually. Here’s some tipsy. 



【Press the brush is for thick line】 


When you would like to write thick line, press a little bit. Then the edge of brush is against in the direction of movement. The way is for writing thick line. 


We don’t recommend to lie the edge of brush because the brush will hurt. 


【5☆本番!想いを紙へ書く】


いよいよ、本番です!!

リラックスして、まっすぐした姿勢と正しい筆の持ち方で、練習で書いたように書いてみてください。

きっと想いのこもった文字たちが、あなたの気持ちを届けてくれるはずです。

太い線と細い線はこうすると書きやすい!


太い線と細い線は、一見書き方や書く筆を変える必要があるようにも感じますが、ちょっとしたコツで一本の筆ペンから書くことができます。


【太い線が書けるヨコ倒しの技】


筆ペンの筆先を立て、文字を書くときは筆先の方に少し圧を加えて書きます。

こうすることで、ペンの毛先が進行方向に対して反対方向に向いています。これを目印として書いてみてください。

そうするとより太い線がかけます。


(※補足※)他に筆先を横に寝せても書く方法もあります。しかし、こちらは、筆ペンを傷めてしまったり、書いた線がきれいな一定の線にならなかったりするので、おすすめしない方法です。


ref:xn--w8j5c806nbsiihai2ey01f.com


【Raise the brush is for thin line】 


When you write thin line, you don’t need any power. Just write without power, thin line can be written.  


【細い線が書ける毛先まかせの技】


細い線を書くときは、筆先を寝せずに筆をすすめます。筆先にあまり力を入れずにそのまま書きましょう。

筆ペンの毛先は弾力が強いので、太い線を書く時とは違って、その弾力のまま力を入れずにスーッと書いてみてくださいね。


ref:xn--w8j5c806nbsiihai2ey01f.com


Why don’t you try fude-pen? 


Probably you already have tried a fountain pen. So time to use fude-pen! Recently, there are a lot of color variation in the store. Even you can draw a picture with fude-pen! 


Hope you enjoy this pen someday.


味あり気持ちありの筆ペンを体験してみては?


特別な手紙や言葉を書くとき、万年筆はよく使うことがあるのではないでしょうか?

いつもの万年筆を一度だけ筆ペンに変えてみて、相手の反応を見てみてください。いつもとは、少し変わった演出に喜んでもらえるかもしれません。万年筆とは違う味わいや趣があります。

文字の曲がり方や力の入り方などがそのまま字に反映されて太くなったり細くなったり・・・


最近では、色のついた筆ペンもあるので、文字や絵を描いてみるのもおすすめです。


想いを伝えるものを書くときやちょっとした演出をするときこそ「筆ペンで書く」をあなたの選択肢の中に。


ref:fudenohana.exblog.jp


関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ