WJS Magazine › OTAKU › Japanese people like to play Beigoma now and forever.

2016年08月06日

Japanese people like to play Beigoma now and forever.

by WjsMagazine編集者 588

WJS Magazineをシェアしよう!



Beigoma is Japanese small spinning top for play. 
It is liked not only children but also adults since its created in Taisho period(1912~) 

日本ではベーゴマという小さな独楽を使った遊びがあります。
大正時代頃(1912年〜)に生まれて以降、現在に至るまで子供だけでなく大人たちにも愛されています。

What is Koma

It is Japanese traditional toy something spin and play. 
The tip of the core is thinly and weight for good balance is around spindle. 

独楽とは

何らかの塊を軸を中心として回転させて遊ぶ伝統的な玩具の一種。軸の先は細くなっており、周りにバランスをとるための重りがついている。


Then, what is Beigoma 

It was created in Kyoto at Heian period and it begins sand or clay into Baigai(whelk) with string. 
When it came from Kansai area to Kanto area「Baigoma」miss changed to「Beigoma」. 
Then it change to cast-iron. 
The form is shallow conical and spindle is not protrude to upper and lower. 
Especially, upper is flat and spiral design is lower. 
Also, some Beigoma is not round. 

To spin a Beigoma, you would need to first wind the string tightly around the body. Then, throw it away from you, horizontally to the ground, and instantly pull the string towards you. 
The spindle is not protrude to upper, so it can not play usual way. So you need to know Beigoma wind style. 
There is some wind style but usually make 2 knot in string and wind the string around body, then wind the 2 knot. 
It play on the table which is made from barrel with cloth. 

更にベーゴマとは

平安時代に京都の周辺で始まったといわれ、バイ貝の殻に砂や粘土を詰めてひもで回したのが始まりといわれる。関西から関東に伝わった際に「バイゴマ」が訛って「ベーゴマ」となった。後に鋳鉄製のものに取って代わられた。形は比較的浅い円錐形で、底にも上面にも軸が飛び出していないことが多い。特に上面はほぼ平らである。底側には、貝を思わせる螺旋の盛り上がった模様が着いている。また、周囲は角張っているものがある。

ベーゴマを回転させるには、まずベーゴマの本体にひもを巻き付けて準備をし、次にベーゴマに巻き付けたひもを一気に引いて独楽を投げる。ベーゴマは上面に軸が飛び出していないので、通常の投げゴマのように上の軸と下の軸に紐をまず固定する、という巻き方ができない。したがって、独特の巻き方が要求される。何通りかの方法が伝えられているが、おもな巻き方は、紐に二つのコブをつくりベーゴマ本体を一周し、そのコブにまきつける。ベーゴマを回転させる台には、樽の口に布を張ったものなどがよく用いられた。


How to play

The rule is several people playing on the table, then compete for whose Beigoma spinning the longest time. 
Also, the winner take all of Beigoma on the table. Beigoma like chilled gamble. 

遊び方

ベーゴマ遊びの一般的なルールは、台の中で複数人がベーゴマを回し、誰のものが長く回転するか、誰のものが弾き出されないか等を競い合います。
更に、最後まで台の上で回転し続けたベーゴマを回した人が、そのときに競い合ったベーゴマをもらえるというルールも存在していました。
ベーゴマ遊びには子供たち同士の賭事のような側面もありました。

Even now, people play Beigoma. 

Adult people play Beigoma effect of retro trend. Meanwhile, children play「Beibureido」its new type of spinning top. They’re really in now. 

現代でもベーゴマで遊ばれている

レトロブームの影響で大人たちが昔ながらのベーゴマを使う一方、「ベイブレード」という新たな形で復活したものが子供たちに人気です。

For children 

Children playing「Beibredo」which is the modern variation of a Beigoma, and it is released by TOMY COMPANY, LTD. 
Unlike in a Beigoma, Beiburedo is consisted of several parts so you can make original Koma by yourself. 
The game play with special spin machine foe only Bribredo in a mortar shape table. 
Beigoma need some skills for to spin it but Beibured use special spin machine and it is very easy to spin Koma so everybody can play it. 
Beiburedo Manga and Anime are released so Beiburedo trend coming. 

子供達

タカラトミーから発売されている現代版ベーゴマで「ベイブレード」と言われる商品で遊んでいる。
ベイブレードは従来の遊びに加え、ひとつのパーツだけからなるベーゴマとは違い、複数のパーツで構成され、各パーツの組み換えによって自分だけのコマをカスタマイズできるのが特徴。
勝負はすり鉢状のスタジアムで行い、専用のシューターを使ってコマを発射させます。
一定の習熟が要求されたベーゴマの紐を使う回し方を、シューター・ワインダーという道具を使って回すので、誰でも簡単にコマが回せるようなっています。
漫画やアニメも展開され、ベイブレードブームが到来しているとか。



For adults. 

Adults people play old type Beigoma but some people play special one. 

That is called「Zennihon-seizougyou-koma-daisakusen」 

Adults people put their soul and skills into small Koma, and fight. 

That Contest is SMMs at all over the world bring theirs original Koma and fight to 1 on 1 style. 
Kenka-goma(a top for fight) for official Koma contest, has a diameter of less than 20mm and a full length of less than 60mm. That is smaller than 1 yen coin. 
The company make a Koma, to design for seriously, use special machine and put their all of skills into it. 
The professional skills which is treatment of minor goods, fight on the table. 

The manufacture that supported Japan as subcontracts jobs has a skills and machine but they haven’t get a chance for create a their product. 
There is a big gain that is lift up their motivation to make the special Koma and that result catch many people’ attention. 

Some people spend over 100,000yen. 


The form had changed but still people playing traditional Koma in Japan. 
You can get Koma very easy at Toy shop in Japan so let’s play it. 

大人達

昔ながらのベーゴマを懐かしながら遊ぶ大人たちがいる中、本気な人たちが存在します。

その名も「全日本製造業コマ大戦」

大のおとなが小さなコマに自社の魂を、技術を込め激突するとの事。

全国の中小製造業が自社の誇りを賭けて作成したコマを持ち寄り、一対一で戦う大会です。コマ大戦公式戦にて使用されるケンカゴマは直径20mm以下、全長60mm以内。直径は一円玉より小さいコマです。その小さなコマを製造業が本気で設計し、プロの機械を使用して自社の持てる技術を全て注ぎ込み作成します。
日頃は目に付きにくい製品を取り扱うプロの技が、土俵の上でぶつかり合います。

自社製品を持たず、下請けとして日本を支えてきた製造業者は技術と設備を持っていても、自社製品を創る機会がありませんでした。
コマという自社の看板を背負った製品を本気で作成することがモチベーションの向上に繋がり、またその成果がコマ大戦を通じて多くの人の目に留まることを目的とした製造業を盛り上げるという盛大な目的がここにはありました。

コマの製造に数十万円費やすかなり本気な人たちがいるらしいです。


形は変われども、日本では伝統ある独楽遊びが引き継がれていことがよくわかりました。
おもちゃ屋で簡単にコマは入手できますので是非遊んでみてはいかがでしょうか。


関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ