WJS Magazine › OTAKU › Picture created in rice paddy? “Tanbo art”: massive and sensitive

2016年08月01日

Picture created in rice paddy? “Tanbo art”: massive and sensitive

by Oda 758

WJS Magazineをシェアしよう!


ref:mag.japaaan.com


Have you ever heard of “tanbo (rice paddy) art”?


Tanbo art (rice paddy art) is gigantic picture created in rice paddy. It takes several months to make the art, and an elaborate calculation is required to finish it. 

The picture below shows one of them. 


Here are voices of tourists who enjoyed tanbo arts. 

Pictures of tanbo arts and tourists’ voices 

ref:www.youtube.com


「田んぼアート」を聞いたことはありますか?


田んぼ全体によって数か月かけてつくられる壮大すぎる絵のことです。

緻密な計算によって完成させられる田んぼアート。まずはその一例から・・・


海外の皆さんの声も、田んぼアートtの写真と一緒にぜひ☆

写真たちと海外のみなさんの声はこちら

出典:www.youtube.com


ref:mag.japaaan.com


What’s tanbo art?


Nowadays, you’re able to see tanbo art at many places in Japan. However, it was 1993 that this different art started at Inakadate-mura Village in Aomori Prefecture. Inakadate-mura was known as farming village that produces quality rice. So “farming experience tour” was held in 1993. Tanbo art was one of the events held during the tour.  


It’s said to be created to show the fun side of farming at the beginning tanbo art was started. Originally it was letters using different colors of rice crops then it became art for “muraokoshi (village renewal as an instrument of rural development)”. 


Because it became more and more artistic and sensitive, it’s well-known as “tanbo art” today. 


田んぼアートって何?


現在は、日本各地で広がりをみせている田んぼアートですが、始まりは1993年。
青森県にある田舎館村は、良質なお米がとれる村でした。稲作が盛んで、1993年に「稲作体験ツアー」というイベントが行われたそうです。
そのイベントの一環として行われたのが「田んぼアート」でした。


農業のおもしろさをもっとたくさんの人に知ってもらうために作られたといわれる田んぼアートは、稲の色の違いを使って作られた稲文字がきっかけとなって近くの田んぼを使って村おこしとして始まったと言われています。


現在では、芸術性が高くなり、年々細かくなってきている図柄に注目が集まり、「田んぼアート」と呼ばれるようになっています。


Hard works to finish tanbo art 


Tanbo art is way bigger than human. How is this created? 

The answer is: tanbo art project is carefully planned before planting rice. 

There are roughly three steps to create the art. 

At first, original image is drawn. Then rough copy is drawn on the system considering the actual size of rice field. At the same time, it’s decided that which kind of crops are used and where on the rice field canvas those will be planted. At last, rice seedlings are transplanted as rough copy.  


Tanbo art is explained in the video below. 

This video includes interview with the creator. 

Watch video about tanbo art 

ref:www.youtube.com


There must be so much hard works because rice field is huge, there are several kinds of rice crop and rice field need pest management. 


苦労重なり完成していくアート


私たち人よりはるかに大きな田んぼアートですが、このアートはどのように作られているのでしょうか?

田んぼアートは田植えを行う前から綿密な計画のもとに完成されるものです。
流れは、かんたんに説明すると3段階になります。
まず、原画を書きます。そして、原画をもとに実際に水田のサイズなどを考慮し、システム上で下絵を描きます。このときに、どの位置にどの種類の稲を植えるかということも決まるそうです。
最後に、その下絵(設計図)通りに田植えをしていきます。


田んぼアートについて、わかりやすい説明がされてる動画です。

作り手のインタビューなどもあるので、ぜひご覧ください。

田んぼアートの説明はこちら

出典:www.youtube.com


全体のサイズや品種の違い、田植え前・最中・後の虫の駆除なども含めその苦労は想像できないほどのものです。


Season you can enjoy tanbo art 


Generally, it’s said the best season to see tanbo art is around middle of July to middle of August when rice become most colorful. 

However, you can see it from middle of June, right after rice seedlings are planted, to beginning of October before harvest.  

Some people say that they can enjoy different colors of tanbo art in the season after planting and late September. 


If you plan to stay Japan for a long time, it’s maybe a good idea to visit same tanbo art twice. 


田んぼアートを楽しめる時期


田んぼアートは稲でできているので、田んぼアートが楽しめる時期や見ごろが気になるところです。
一般的に言われている最適な時期は、稲の色が一番鮮やかになる7月中旬〜8月中旬ごろになると言われています。


ただ、田植えの終わった6月中旬ごろから見ることができ、収穫の10月上旬ごろまで楽しめるものです。
田植えが終わる時期や9月下旬ごろも、稲の色の変化もあって違う趣が味わえるという声もあるようです。


長い時期日本に滞在する予定の方は、1度のみならず再度訪れても変化を楽しめてより心にのこるものになるかもしれません♪


ref:mogami.tv


ref:mogami.tv


Spots you can see tanbo art 


The picture below is one of the arts of Inakadate-mura Village, Aomori Pref. in 2015. 


田んぼアートが観られるスポットはどこ?


こちらは2015年の青森県田舎村館の田んぼアートの作品のひとつです↓


ref:mag.japaaan.com


You can enjoy tanbo art other than Aomori Pref. 

Below is the list of areas that are famous for tanbo art. 


◎Higashitakasu, Asahikawa City, Hokkaido 


青森県以外でも田んぼアートを楽しむことができます。

北から田んぼアートで有名な地域をご紹介します。


◎北海道旭川市東鷹栖


ref:www.jataisetu.or.jp


◎Yonezawa City, Yamagata 


◎山形県米沢市


ref:blogs.yahoo.co.jp


◎Niigata City, Niigata 

◎Tsukuba City, Ibaraki Pref. 

◎Gyoda City, Saitama Pref. 


◎新潟県新潟市

◎茨城県つくば市

◎埼玉県行田市

◎Anjo City, Aichi Pref. 

◎Uji City, Kyoto Pref. 

◎Tsuyama City, Okayama Pref. 

◎Minamikyushu City, Kagoshima Pref. 

There are places well-known for tanbo art. 


Although it’s not every year, some tanbo arts are created at places beside listed above. There might be tanbo art in prefecture you will visit so why don’t you find out? 


◎愛知県安城市

◎京都府宇治市

◎岡山県津山市

◎鹿児島県南九州市

以上の場所は、田んぼアートでよく知られているという場所です。

このほかにも毎年でなくとも、開催されていることもあるようなので、日本で訪れる都道府県があったりらぜひ調べてみてください。


ref:asahi.com


関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ