WJS Magazine › CULTURE › Signals with Local sounds? The truth of music in a crosswalk.

2016年07月26日

Signals with Local sounds? The truth of music in a crosswalk.

by Oda 659

WJS Magazineをシェアしよう!


ref:shimamura.osakazine.net


Have you ever heard some strange sound when you cross a crosswalk in Japan?


I think you can hear sort of sounds or music in most of crosswalks. 

What are these sounds for? And how many kinds of music are there? 


Let us discover it for you!! 


本の横断歩道を渡るとき、何か不思議なものを耳にしませんでしたか?

多くの横断歩道で音楽や音を耳にすることがあると思います。

その音はいったい何のためのものなのか、どんな音の種類があるのか。

横断歩道で耳にする音の真実に迫っていきます!!


The sounds made from kindness.


There are many places have crosswalks with sounds. 

Actually, it not simply just for making a sound but has its own purpose.


These sounds are for those who are blind to cross a crosswalk safely. The sounds will be played when the light turns green. 

It spread nationwide by conducting a test for signals for blind persons in Nagoya in 1960. 

優しさからできた横断歩道の音


日本では、多くの場所に音の出る横断歩道が設置されています。

じつは、この音のでる横断歩道には単に音を出しているというわけではなく、ちゃんとした目的があったんです。

その目的は「目の不自由な方に横断歩道を安全に渡ってもらう」ということです。信号機が青になると音を出して知らせてくれます。

これは、1960年に名古屋(愛知県)で盲人用信号機のテストが行われたことを機に全国に広がっていったようです。

Many kinds of music in the first period.


Because of the test in Nagoya, signals with sounds had gradually spread over Japan in early 1970. 


There wasn’t a rule to limit what music to play, therefore, various music were adopted, and that sounds differed by region. 

21 melodies, chimes, buzzers and bell rings were used as the sign of blue lighting. 

はじめはいっぱいあった音とメロディー


名古屋で行われた横断歩道の信号機のテストをきっかけに、音の出る信号機が日本の各地へ広がっていったのは1970年の初めのことでした。その当時は、信号機から流れる音に決まりがありませんでした。そのため、地域ごとに音が違い、様々な音が採用されていたそうです。

メロディーは21曲、チャイムやブザー・ベル音など様々な形の音によって、信号が青になったことが伝えられていました。

ref:blog.goo.ne.jp


The truth of decreasing of sound


But, playing too many sounds isn’t always a good idea. 


Many people had complained that was confusing to have such many sounds so they standardized them all in 1975. 

Toryansen(Pass Along)” and “Kokyounosora(the sky of hometown)” became the main melodies, “PiyoPiyo(chick-chick)” and “kakkou (cuckuu)” as the main onomatopoeic sounds. 

信号の音が減った真実


多くの音やその種類がありすぎるという声もあったようです。

「音の種類が多すぎて混乱する」という声が多く、1975年ごろに信号の音が統一されるようになったそうです。

メロディー式は、「通りゃんせ」「故郷の空」の2つとなり、擬音式は、「ピヨピヨ」「カッコウ」の2つです。


音を参考に聞いてみてください(you can listing to the sounds here) 

通りゃんせ 故郷の空 ピヨピヨ カッコウ

ref::www.youtube.com

More reduced signal sounds


There was a moving to standardize more sounds from 2013. The national police agency notifies to unify all signal sounds to tootles. It was a decision to only use onomatopoeic sounds based on the experiment.    

The result of the experiment shows that onomatopoeic sounds provide lower rick for blind person crossing a crosswalk without taking oneself out road than melodies. 

There are still remain some signals with melodies now but won’t be there for a long time. 

Personally, it’s feeling a little sad that people can no longer hear their familiar sounds. But, it is good thing to enhance the safety of our crosswalk and help to prevent accidents at the same time. 
   
さらに減っていく信号音

2003年からは、さらに音を統一する動きが出てきたとか。2003年に入って、警察庁からの通達で、信号の音を擬音式の「鳥の声」に統一する動きになっているようです。

メロディー式ではなく、擬音式にするのにもしっかり実証実験を行たうえで決められたようです。

実験では、メロディー式よりも擬音式の音の方が視覚障害を持った方が横断歩道からはみ出しにくい結果がでたそうです。安全を考えると、横断歩道のはみ出しは少しでもない方が安全です。

今はまだ、メロディー式の音がでる横断歩道もありますが、徐々に消えていくことになるそうです。

個人的には、聞きなれた音を聞けなくなるのでちょっぴりさみしい気もしますが、より安全性の高い横断歩道が増やすことで少しでも事故防止につながればいいなと思います。


The local melodies remained in Local.


Although the melody signals have been decreasing, there are still some remain  

So, there are some signals survived by local folks’ strong demands.  


here are the 4 melody of the local signals! 

・Nagaya-city(Aichi) →“Ouma(hourse)”
・Yokohama-city(Kanagawa)→”Akaikutsu(red shoes)”

・Shizuoka→”Fujinoyama(Mt.fuji)”

・Aomori→”Otomenoinori(Modlitwy dziewicy)”


There are the melodies you only can here in the local city! 

If you get any chance to visit these areas, maybe it is fun to pay a little attention of crosswalk sounds. 

 

地元で残されている?!ご当地メロディーがあった


現在、メロディー式の信号機は減少傾向にありますが、しっかり残されているメロディーもあります。

なんと、地元の方の強い要望によって今も残されているメロディー式の信号機もあるとか!


4つのご当地信号機メロディーをご紹介!


◎名古屋市(愛知県)→「おうま」

◎横浜市(神奈川県)→「赤い靴」

◎静岡県→「ふじの山」

◎青森県→「乙女の祈り」

この土地に行かなければ聞くことのできないメロディー!行くか価値ありです。

この地域に立ち寄ったときには横断歩道で流れる音にも注目を。

Having a sympathy on the silent crosswalk 


Although most of signals have sounds with them but it is not for all of them. There are some silent signals. 


Blind people have to cross the crosswalk only by listening ambient sound to figure out the color of signal sign. 


Many danger lurk on a road even are there sounds around.  When you see a blind person is about to cross a road, just tell them one sentence instead of sounds of signal sign ?? “the light is green now”. 

音の出ない信号機でこそ思いやりを☆

横断歩道を渡るとき、音をききながら渡る機会は多く存在しますが、すべての信号機が音の出る機能を搭載しているというわけでもありません。音の出ないものがあることも事実です。


音が出る装置が付いていない信号機が設置されている横断歩道を渡るとき、視覚障害の方は周囲の音だけを頼りに信号の赤か青かを判断しているそうです。

いくら周りの音があるとはいえ、危険が多く潜んでいます。そんなときは、信号機の音の代わりに「信号が青になりましたよ」とひと声かける勇気も必要です。


ref:cc-library.net


関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ