WJS Magazine › CULTURE › Taste Japan! Featuring charms of Japanese Yakimono

2016年07月20日

Taste Japan! Featuring charms of Japanese Yakimono

by WjsMagazine編集者 626

WJS Magazineをシェアしよう!


ref:wikipedia


Do you know Yakimono?

Maybe you are thinking that is sort of food but unfortunately it’s not.

Then you might ask “”So, what IS it?”.

Ok, so I’m here to tell you about Yakimono ?? the amazing pottery that Japanese are proud of.


皆さんは焼き物を知っているでしょうか?

“なんかの食べ物?”とかお思いの方もいるでしょうが残念ながら違います。

“じゃあなんだっていうんだ?”って方の為に今回は日本が誇る焼き物を紹介していこうと思います。 

 

So, what is Yakimono


Yakimano, which is called earthenware, is collectively called the potteries that made by clay forming body into objects of a required shape and heating them to high temperatures.


Silicic based Quartz will put into the clay to combine with the substances such as aluminum and calcium so it can vitrify by heating. The glassy fluid will enter by penetrating the interstices then the form will be solidified after cooling.


There are pottery and porcelain in japan, and the main difference is their quantity and component of vitreous.


焼き物ってなんぞや?


焼き物は日本では陶磁器と呼ばれており、土等を固めた後焼いて作ったものの総称を言います。

陶磁器の粘土には加熱することでアルミニウムやカルシウム等他の物質と化合しガラス化する珪酸を主成分とする石英などを混ぜて成型し、その後加熱することで土の間に溶けて流体になったガラス質が入り込み隙間をなくし、冷めたのち固形化したものである。

日本には主に陶器と磁器があるがこの二つの違いはガラス質の成分と量の違いだけである。

 

ref:tumblr


What is the attraction?


There so many attractive points of pottery, but first one you can think of is that bring out the best side of WA- the Japanese culture-


何が魅力なの?


陶磁器の魅力はいろいろあるが第一に思うのは“和の良さを引き出す”だろう。

上の写真を見てくれるとわかるが陶磁器は昔から和食やお茶等を入れるためや、花瓶等として多く使われ、その魅力は今も尚日本では愛されています。その中で今回はいくつかピックアップして紹介していこう。


ref:http://satoh490625.blog50.fc2.com/


ARITA・IMARI-YAKI


ARITA-yaki is collectively called for porcelains made around Arita-chou in Saga prefecture. It’s indigo-colored dyed on transparent white porcelain, with illustrations painted with the rea, yellow, green.

The first Arita-yaki is assumed to appear in early 17C, and at present time, it expand overseas as the work representative of pottery.


有田・伊万里焼


有田焼は日本の佐賀県有田町の周辺で焼かれた磁器の事を言い複数あるが、その総称を“有田焼”と言われている。見た目は透明感のある白磁に藍色で染められ、そこに赤・黄・緑の色絵を施したものが一般的だ。

この有田焼が造られたのは17世紀初期といわれており、今では海外への進出も遂げている陶磁器の代表ともいえる作品だろう。

この有田焼は和食でも多く使われており、透明感のある白と、落ち着いた色模様が和を強調し、日本らしさを引き出してくれる器と言える。


ref:wikipedia


KUTANI-yaki


The first Kutani-yaki is made in nowadays Ishikawa-prefecture in the early Edo-period (in 1655).

The feature of Kutani-yaki is the patterns. The body is fully decorated with   bright and splendid paint since it was greatly influenced by Kagahyakumannkoku (to put it simply, it means rich people). Kutani-yaki has built its own style beauty; therefore, still many antique art fans are crazy about it even in modern world. 

It’s not rare to directly put Kutani-yaki as decoration, and the fabulous use of colors on the paints remains Kutani-yaki to be the Japanese representative porcelain.


九谷焼


九谷焼は江戸初期の明暦元年(1655年)頃に今の石川県で造られはじめた磁器である。

特徴として、加賀百万石(簡単に言うと、富豪の事を言う)の影響を大きく受けて、

模様や装飾は鮮やかで華麗に施され、独特な様式美を確立した磁器と言われており、現代でも古美術ファンにはたまらないものとなっている。

この久谷焼はそのまま飾りとして扱うのも多く、その装飾の華麗な色使いは今もなお日本の色絵磁器の代表として生きている。

 

SHIBUKUSA-yaki


Shibukusa-yaki was made in Takayama-city, Gifu prefecture in 1840.

The most excellent feature of Shibukusa-yaki is its hand-painted decoration on the body. The paint is divided into two types depending on which pottery they came out.


渋草焼


渋草焼は日本の岐阜県高山市という場所で焼かれた陶磁器で天保11年(1840年)に造られ始めた。

渋草焼は何といっても磁器に描きあげられた手描きの模様が魅力的である。

模様の描き方には大きく分けて2種類あり、この2種類は焼き上げられた窯元で分けている。


ref:JapaneseClass.jp


HOKOKUSYA pottery


The feature of Hokokusya is tinted the clay with blue first, then cover that with red, green and yellow and do a paint work on that. This technique called “Gosai (five color)”. The painted decoration with this unique technique looks dynamic but also fragile. These two feature seem contradictory but that makes this work such sophisticated and loved.



芳国舎


芳国舎は特徴としては藍色で下地を染め、その上から赤・緑・黄の上絵具で仕上げる“五彩”の模様をあしらった絵付けが人気で豪快かつ繊細という矛盾してるような2つを持ち合わせた模様である。


ref:JapaneseClass.jp


SHIBUKUSARYUZOUGAMA pottery


The points of Shhibukusaryuzougama are the jacquard and elaborate patterns.

The patterns take the traditional Japanese scenery in which represent graceful japan for people to enjoy japan. 

 

We have been introducing some of the most representative Japanese pottery.

In Japan, people see a vessel like pottery as an art, and we hope you understand that pottery is the most clear example to explain this culture.

If you find any interesting, how about to come visit japan and see the real Japanese pottery to discovery more amazing thing about it?


渋草柳造窯


渋草柳造窯は特徴として繊細で緻密な模様と言えるだろう。

この模様は日本の和風景をそのまま練りこんだ感じになっており品格のある日本をより堪能できるものとなっている。


 以上代表と言える陶磁器を紹介してきたが如何だったでしょうか。

日本では陶磁器のような“器”“一つの芸術”として見る文化があり、その中でもわかりやすいのがこの陶磁器と言えることを伝われば幸いです。

もし少しでも興味が湧いたら、一度日本に来て直接自分の目で日本の磁器を堪能してみるのは如何だろうか。


関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ