WJS Magazine › CULTURE › Japanese Folding Fan Sensu

2016年07月19日

Japanese Folding Fan Sensu

by WjsMagazine編集者 1035

WJS Magazineをシェアしよう!


ref:housai


Do you know Sensu, Japanese folding fan?


Sensu used to be called Ougi. 

The origin of the hand fan can be found in ancient Egypt.

But Sensu, a hand fan that can be folded have originated in Japan, and it became one of the most famous cultures of Japan. 

Sensu is still loved by many people in Japan, and some of them prefer Sensu to Uchiwa (Japanese paper fan).

Here are some kinds of Sensu.

日本に興味を持った皆さんは、“扇子”をご存じだろうか?


扇子は昔、扇と呼ばれ、元祖は古代エジプトの時代から存在しておりますが、折りたたみができる“扇子”は日本が発明された今や“和”の代表の一つでもある。

そんな扇子だが、今も尚日本では愛されており“うちわより扇子”という人も多いということを知ってもらうため今回扇子の中でも代表的と言える扇子を紹介していこう。
 

ref:Pinterest


Kami-Sensu (Paper Sensu)


This Sensu is made of paper and wooden ribs. The ribs are inserted in the paper directly.

Kami-Sensu is made using traditional techniques such as handwriting and brushing (to attach irregularity on the surface). You should know that Kami-Sensu sends larger air than Sensu made of cloth.


紙扇子


扇面が紙で出来ており、扇骨(画像でいう木の部分)を直接紙に差し込んで出来る扇子です。

この紙扇子は手書きや刷毛引き(刷毛で凹凸をつける手法)等伝統的な手法を使うことが多いのがこの紙扇子である。布生地よりも風を誘い出すことが出来るが紙なので管理に気を付ける必要がある


ref:hakuchikudo

 

 Kiji-Sensu (Cloth Sensu)


This Sensu is made of Cloth. The cloth is pasted on one side of ribs, and various designs are printed or embroidered on its surface. Kiji-Sensu is easier to use than paper one.


生地扇子


扇面が生地で出来ている扇子。布なので刺繍やプリント等多彩な加工が出来、紙とは違い片面にのみ扇面が存在する。紙生地のものよりは風は少ないが、管理が楽なので手軽に持ちたい方はこちらのほうがいいだろう。


ref:lifehacker


Byakudan (Sandalwood Sensu)


This Sensu is made from aromatic tree like sandalwood, and long and thin pieces of the wood are piled up. What you can enjoy with it is not so much cool air as fragrance of the wood.


白檀


香木・白檀といった樹木の木片を重ねて作られた扇で“涼しむ”というより、“木そのものの香りを風と一緒に楽しむ”といった特殊な扇子である。


ref:kyousendo


Kazari-Sensu (Sense used for decoration)


This Sensu is made as a decoration, and is displayed with an exclusive stand on an entrance or a living room. Auspicious pictures that have good meaning such as longevity and prosperity are drawn on the surface. 


飾り扇子


その名の通り飾りとして扱う扇子で、この類の扇子には“扇子立て”が付属しておりそれを使って玄関や居間等に飾り楽しむ扇子である。またこの類の扇子には“長寿”“繁栄”などといった意味を持つ縁起の良い模様が描かれています。


ref:wanoevent.com


Mai-Sensu (Sensu used for Dancing)


This Sensu is used for Japanese dance such as Noh.

Mai-Sensu has patterns that give cooling images such as water, cloud and haze on surface. And lead is embedded in the bamboo rids for its peculiar use.


舞扇子


日本舞踏や能といった舞台で使われる扇子

この類の扇子には霞や雲、水などの涼しげな柄が多く、使われ方も特殊な為、竹骨に鉛を埋め込むといった特殊な造り方をしているものもある。


ref:baisenan


Hi-Ougi (Japanese cypress Sensu)


This Sensu is made of thin boards of Japanese cypress, which are fixed with a pivot.

Hi-Ougi is generally used in the Imperial court. There are several types of this Sensu. For example, the man’s Hi-Ougi is solid, but the child’s is small, colorful and drawn some pictures of little birds. And the manner of this type of Sensu is also different from other Sensu. 


檜扇


檜(ヒノキ)という樹を薄い板状にして要で止めた構造になっている扇子。

主に宮中で使われており、“男性は無地のもの”、“子供は小振りで小鳥等が描かれたもの”といった年齢や性別で種類がわかれており、作法等も特殊な扇子である。

鮮やかな飾りや模様が多く、現在も日本では皇族等で使われることがある。


This is just a little part of Sensu.

If you interested in Sensu, why don’t you come to Japan and buy one?


以上扇子の種類の中でピックアップして紹介してきたがこれ以上にまだ扇子の種類は存在しており魅力的なのもある。

もし少しでも気になったら扇子を求めて日本に来るのは如何だろうか?

関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ