WJS Magazine › FOOD › 「Nori」is important food for Japanese dishes.

2016年08月06日

「Nori」is important food for Japanese dishes.

by WjsMagazine編集者 888

WJS Magazineをシェアしよう!



Nori is an indispensable food for Japanese eating habits.
It’s very popular food and necessary for Sushi and Onigiri.
We introduce about the tidbits of Nori . 

海苔は日本人の食生活になくてはならない存在です。
有名な食べ物で、寿司やおにぎりでも重要な材料となっています。
そんな海苔についてのいろんな雑学をご紹介致します。

Nori.(Seaweed)

Nori is kind of Algae for eat, like Red algae, Green algae and Blue-green algae. 

海苔

海苔(のり)とは、紅藻・緑藻・シアノバクテリア(藍藻)などを含む、食用とする藻類の総称


It was very luxury food for rich people.

In 701, According to Taiho Ritsuryo(Taiho code) was issued first time in Japan at Asuka period, Terms of 「Cho(Tax system)」says the Murasaki-nori is tribute articles to imperial court. 
At the time, Murasaki-nori and kelp were distribute to Shrine, Temple and high-class aristocrat as very luxury food, other than that, Nori was eaten by low-class officer. 
So ordinary people can’t eat Nori. 
「Murasaki-nori」came from China, and it called「Nori」by people because of that texture. 
It’s named「Ama-nori」after hermit in acient China as high-nutritious. 

庶民とは無縁だった超高級品だった

701年、飛鳥時代の日本で史上初めて施行された大宝律令によると、「調(税制のひとつ)」の規約のなかに、紫菜(むらさきのり)という名称で海苔が朝廷への貢納品として定められています。当時は紫菜や昆布などの海藻は最貴重品として神社、寺、高級貴族に配給され、それ以外の海藻は身分の低い役人の食用になっていたそうです。つまり、海苔は庶民にとっては無縁の食べものでした。
「紫菜」という呼び名は中国から伝わったもので、ぬらぬらした食感から「のり」と呼ばれるようになったそうです。栄養価の高さから古代中国の仙人にちなんで「神仙菜(あまのり)」とも呼ばれていました。

It called Nori since Edo period. 

In Edo period, ordinary people can eat Nori. 
Asakusa-Nori were grew at Edo bay(Tokyo bay) in Asakusa area, the lower reaches of the Sumida river of Tokyo. 
So it called「Asakusa-nori」and ordinary people likes it, and then it was cultivated. 
Ita-nori is made from imitate papermaking skills of Asakusa-paper and it dried. 
Yaki-nori(Baked-nori) created in late Edo period, and Ajitsuke-nori(flavored-nori) created in Meiji period. 
Some foreigner came to Japan in Meiji period were surprised see Japanese people eat Nori, saying 「Japanese eat black paper」 

海苔という名前は江戸時代から

海苔が庶民の身近な食べものになってきたのは江戸時代。東京・隅田川下流の浅草のあたりまであった江戸湾(今の東京湾)にアサクサノリが自生していたため、これを採取したものが「浅草海苔」と呼ばれて庶民にも好まれるようになり、やがて養殖技術が確立されていきます。浅草紙の紙漉きの技術を真似て海苔を漉き、板状にして天日干ししたものが板海苔として広く普及するように。江戸後期には焼き海苔が作られ、明治には味付け海苔も誕生しました。
明治時代に来日した西洋人は、海苔を食べる日本人を見て「日本人は黒い紙を食べている」と驚いたのだとか。


Rich in nutrition.

Nori help digest rice and good for get energy at the morning. 
There is 12 type vitamins, calcium, dietary fiber and iron well-baranced. 
Especially, vitamin B2 help to change from carbohydrate to energy to efficiently. 
Usually, the carbohydrate and lipid are not change to energy so some food which is include vitamin B like Nori, help digest rice and improve brain activity. It makes you cheerfully. 
 
栄養満点

海苔はご飯の消化を助け、朝のエネルギーチャージに役立ってくれる食品です。
海苔は12種類ものビタミン群とカルシウム、食物繊維、鉄分などをバランスよくふくんでおり、中でもビタミンB2は糖質を効率よくエネルギーに変える働きがあります。
エネルギー源である糖質や脂質は、そのままではエネルギーに変化されないので、海苔などビタミンB群を含む食材がご飯の消化を助け、脳の働きを活発にするなど、その日の活力にするのを手伝ってくれます。

The origin of the unit「Jo」

The recipe of Asakusa-nori refer to how to make Asakusa-peper, so the unit of Nori called「Jo」as same to the unit of paper is the most popular theory. 
Asakusa-nori and Asakusa-paper are created from same place in Asakusa and both of that used to the source of Sumida-river, also Asakusa-nori created late than Asakusa-paper, that why it called Jo as explained above. 
 
数える単位「帖」の由来

アサクサノリの製造方法が浅草紙の抄き方を参考にしたため、紙の単位に用いられている「帖」になったという説が有力です。アサクサノリと浅草紙の創始地はともに浅草で、隅田川の源流を利用したことなど両者の関係が深い上、アサクサノリの抄製開始年代が浅草紙より遅いことから上記のように言われています。

Only Japanese can digest fresh Nori? 

The cell wall of Nori include so much dietary fiber so it is very solid. 
 The microbe decomposes a polysaccharides of solid cell wall are living in only fresh Nori, and Japanese people have been eaten fresh Nori since a very long ago, so that microbe  live intestine and Japanese people can digest Nori as other food. 
The other country has eating Nori culture but usually bake or boil it because that  easy to digest Nori. That why they didn’t have a chance for get the microbe. 
If your poop get black, it might be Nori from Japanese dishes. 

生の海苔は日本人しか消化できないって?

海苔の原料となる海藻の細胞壁にはとにかく大量な食物繊維が含まれていて、他の植物に比べて遥かに頑丈にできています。
その堅い細胞壁に含まれている多糖類を分解する微生物が生海苔にしか存在しておらず、生の状態で海苔を食べる文化が根付いていた日本人の腸にだけその微生物が生き続けていて、他の食べ物と同じように消化吸収できるそうです。
他の国でも海苔を食べる文化はありますが、基本的に焼いたり煮込んだり、火を通して食べるので海苔の消化吸収を助ける、生の海苔に棲んでいる微生物を摂取する機会がなかったのだとか。
日本に来て便が黒くなった場合、日本料理で生の海苔が出てきたかもしれませんね。

Baked Nori is good.

The vitamin of Nori is not break by high temperature so you can get a full of nutrition by bake or boil it. 
Let’s find Nori from Japanese dishes.

火を通せば大丈夫

海苔に含まれているビタミンは高温でも壊れないらしいので、煮たり焼いたりすることで多種多様な栄養を摂取できるというわけですね。
日本料理のどこに海苔が使われているか探してみると面白かもしれませんね。

関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ