WJS Magazine › FOOD › Which taste you like it?

2016年07月14日

Which taste you like it?

by Oda 711

WJS Magazineをシェアしよう!


ref:labaq.com


Oden is a sort of Japanese hodgepodge consisting of several ingredients such as bean curd, daikon radish, Boiled Flat Fish Cake, and eggs stewed in a light.


The best part of Oden is eating with fun with family or best friends.

Flavour and Ingredients are vary according to region and between each household.

Introduce Oden to you from North of Japan to South.


おでん・・・

それは、日本の煮物料理の一種で、とうふや大根、はんぺん、卵などの具材を煮込みにした料理です。

一般的には、大きな鍋の中に数種類の具材を入れて数時間煮込んだ料理です。

そして、おでんの醍醐味といえば、その鍋を家族や友人のような仲の良い相手と囲んで楽しく食べることにあります。

おでんは、家庭ごとに味つけ方法や具材(=タネ)の種類の違いがありますが、地域ごとでは大きく異なるようです。


地域ごとで変わる味付けや具材・特徴に迫りましょう!!


日本の北部からご紹介していきます。


【Hokkaido・Tohoku】


Oden with ginger miso is popular in Hokkaido and Tohoku.

If it is subdivided, Oden with only miso is  popular in Hokkaido and with ginger miso is popular in Tohoku.

Especialy, Aomori people likes ginger miso with Oden.

Usual ingredients are wild vegetables and shellfish in Hokkaido. In particular, there are a butterbur, bracken, whelk and scallop.

Also you can eat a fish ball of hokke and a milt of cod at some resutaurant

You can eat with fun a special local food Oden. A special local food Oden in Tohoku as well.


There are three types of Oden at North of Japan.

"Muroran-Oden" are made from seafood with kelp stock.

"Aomori style Oden" are made from special ingredients, like Nemagaridake(kind of bamboo).

"Sendai style Oden" are made from a fish ball of saury with dried small sardines stock.

You will be satisfiled with ingredients and soup stock, also dipping sauce.


【北海道・東北】


北海道と東北では、主にみそだれをかけて食べるのが主流。さらに分けるとするなら、北海道はみそだれ、東北ではしょうがみそだれをつけて食べるようです。特に青森市周辺ではしょうがみそだれが多いもよう。


タネは、北海道は山菜と貝類が入っているのが特徴です。具体的にはフキやわらび、ツブやホタテなどが入っています。中には、ホッケのつみれやタラの白子を出す店もあるんだとか。

まさにその土地ならではの食材で、はっきりとした食材本来の味が楽しめそうです。

東北でも、もちろんその土地の食材が入っています。


北部で有名なおでんは大きく3つあるようです。

魚介類を昆布をベースにしただしで煮込んで作る「室欄おでん」

ネマガリタケなどの独特な具材を入れて作る「青森風おでん」

煮干しのだし汁を使って作られ、サンマのつみれが特徴的な「仙台風おでん」


ネタやだしはもちろん、つけだれも一緒に堪能すべきおでんです。



【Kanto】


The biggest features of Oden in Kanto is dried Bonito Flakes stock with dark soy sauce.

A popular ingredients around Tokyo are "gristle", "chikuwa-bu(wheat-gluten sausage)" and "a fish ball".

Especialy, "chikuwa-bu" is not popular except for Tokyo. That is  made from flour, walter and salt.

Chikuwabu has a hole in the middle like chikuwa but the most different thing is jadded on outside to chikuwa-bu.

It is looks like gear.


Also, Kanto style "gristle" is different from Kansai style gristle.

Kanto style gristle is made from cartilage of fish and gristle.

A special featurea is chewy and crunchy of cartilage and gristle.


【関東】


関東のおでんの大きな特徴は、かつお節のだしが効いた中に濃口しょうゆを入れる味付けです。

東京を中心に人気とされているタネが「すじ」「ちくわぶ」「つみれ」のようです。

特に「ちくわぶ」は他の地域ではめずらしく、小麦粉に水と塩を加えて小ネタもの。

ちくわのように穴があいた形で、形でちくわとの大きな違いは、外側のギザギザ。まるで歯車が思い出されるような形です。


また、「すじ」は関西の地域のおでんにも入っていますが、関西の牛すじとは違っています。

関東のすじは、魚の軟骨や筋も一緒につぶした練りものなんです。軟骨のコリコリした食感と一緒に筋のもちもちっとした弾力が味わえるのが特徴もあります。


ref:kanrieiyousinotamago


※What is Nerimono?


It's like "chikuwa" and "fish ball" that are processed seafood made of pureed fish.

Nerimono is seasoned beforehand, so it is still delicious without dipping sauce.


※練りものって?


「ちくわ」や「つみれ」などのように、魚肉をすりつぶして成形した後に加熱して固めた加工品のことです。

すでに味付けがされているので、何も調味料を加えずに食べてもおいしくいただけます。


ref:kanetetsu.com


【Chubu】


Introduce every local Oden in Chubu to you.(Shizuoka, Nagoya, Iida, Knazawa and Toyama)

Boiled Flat Fish Cake with soup stock powder is popular in Shizuoka.

Oden that is stewed in a light with miso is usual in Nagoya.

Dipping sauce which is called "Negidare" is featurea in Iida.

Usual ingredients are Akamki(kind of fish cake), Hukashi(kind of fish cake), Kurumabu(kind of dried Wheat Gluten) and Baigai(small water snails) in Kanazawa and Toyama.


【中部】


中部では、静岡(静岡県)、名古屋(愛知県)、飯田(長野県)、金沢(石川県)、富山(富山県)についてそれぞれの特徴を紹介します。

静岡ではだし粉のかかったはんぺんなどのネタが有名です。

名古屋では、みそで煮込んだおでんが主流。

飯田では、「ねぎだれ」と呼ばれるつけだれが特徴だと言われています。

金沢と富山は特徴が似ているようで、タネの中に赤巻き、ふかし、車麩、バイ貝が入っていることです。


ref:shirorin41869


【Kansai】


Kansai style Oden is deep flavor because of bonito stock with kelp stock.

Oden is called "Kanto-ni" in Osaka. "Koro"of whale are indispensable for Kanto-ni befor whale will be valuable.

There is special beef gristle with octopus.

And Kyoto style ingredients are traditional vegetables and tofu skin.


【関西】


かつおだしに昆布だしが加えられ、深みある味のおでん。


大阪ではおでんのことは「関東煮」と呼ばれるようで、クジラが貴重品になる前はおでんのタネとして入っていたくじらの「コロ」が関東煮には欠かせないものだったとか。

関東とは少し違った牛すじの他にはタコが入っているということも特徴です。


また、京都では有名な京野菜や湯葉もタネとして使われているそうです。



※ What is "Koro" of whale?

Koro is deep fry whale skin and it is chewy.


※くじらの「コロ」って?

クジラの皮を油で揚げて絞り、乾燥させたもののことで、その食感はモチモチ。


ref:ichiros_blog


【Chugoku・Shikoku】


Depping sauce is featurea in this area.

Kagawa & Tokushima style depping sauce are mustard with miso.

Usual depping sauce is "Migarasi-miso" based on barley miso in Ehime.

Every shops use a different miso so you don't getting sick of it.

You can eat Oden at some Udon shops in Shikoku.


【中国・四国】


この地方は、特につけだれが特徴的のようです。

香川や徳島のつけだれは、からしみそ。

愛媛では、麦みそをベースにした「みがらしみそ」と呼ばれるからしみそをそれぞれつけていただきます。


使われるみそは、その地域やお店によっても違うため飽きのこないおでん巡りもできそうです。



四国では、うどんのお店でおでんを置いていることもあり、セルフサービスでおでんを楽しめます。


【Kyusyu・Okinawa】


You can get a taste of deep flavor in this area.

Popular ingredients are gyoza-maki around Oita, Hukuoka and Saga.

Gyouza-maki will be popular without Oden at South of Kyou-syu.

The famous place for the temperature is high but there is many Oden shops.

There is pig's feet and sausage in Oden at Okinawa.


【九州・沖縄】


この地方では、コクのあるおでんを味わえます。

そして、タネは大分・福岡・佐賀を中心に餃子巻きというネタも普及しています。

餃子巻きはおでんのタネでなく、単品でお惣菜として人気が出てきているものでもあり、九州南部へも広がりを見せているようです。


気温の高い地域として有名な沖縄ですが、実はおでん屋が多いんだとか。

沖縄のおでんは豚足が入っているようです。コクのある味でソーセージが入っているのも沖縄のおでんの特徴と言われています。


※What is Gyoza-maki

It's fried dumplings into Nerimono.

Tokyo is the birth place of Gyoza-maki but It is featurea in Hukuoka.


※餃子巻きって?

練りものの中に餃子がそのままはいったもののことです。

東京発祥のおでんのタネのようですが、今では福岡のおでんの特徴の一つになっているとか。


ref:rakuten


If you have no idea about resutaurant go to Oden shops!


Every Oden shops are defferent tast so you can feel fresh every time when you get in.


ご飯のお店に迷ったらおでん屋さんへGO!


地域で分けても地域によってこれだけ変わってくる特徴的なおでん。

日本全国の都道府県やお店をクローズアップすれば、もっと味が変わるおでん。

日本に来て、食事のメニューに迷ったら「おでん」のお店へ!!


これだけ多くの特徴があるので、どこのお店に入ってみても新鮮な発見が待っているはずです。


ref:wikipedia


関連記事役立ち記事はこちらもチェック。

この記事を書いたのは

ページトップへ